甲斐のぶお工房の紹介


 甲斐のぶお工房  匙屋 news map  facebook  blog


home

大分県産孟宗竹、島根県匹見産のミズメ材を使い、スプーン・フォーク・ナイフ等のカトラリーを主に制作しています。
木製品カタログクリックしてください 竹製品カタログクリックしてください
   
 
ミズメ材 板 ミズメ材

島根県匹見のひきみ森の器工芸組合さんより、板状にして乾燥させた材を原材料として仕入れています
れんげ 荒取り
孟宗竹

大分県別府市の永井製竹さんより仕入れています
ある程度の厚みと幅を必要とするので使っているのは春に食べる筍としても有名な孟宗竹
1メートルほどの長さのものや、製品に合わせた尺の輪切り等を仕入れて加工しています。

中でも重要なのは天日に干して色を出すことです。竹製品の色はこの日に干すという作業をしなくてはでません。天気に左右される仕事を実感します。
夏はすぐに乾くので干しすぎると割れたり、冬は時間がかかり、雨が続くと乾かずカビが発生したり。竹そのものも天候の影響を受けているので製品にならない部分も出てきますが、それは冬場ストーブの燃料に変わったりするのでそれはそれで全く役に立たないという事ではないです
孟宗竹 輪切り 孟宗竹 干しているところ 
工房見学もできますので、ぜひご覧ください。(昼休み時間は12:00〜13:00です )※今のところ、工房体験はしていません 見学のみです